空いた不動産があればアパート運営で有効活用してみよう

最近では不動産投資という言葉がすごく流行っており、その運用方法にも変化が起きています。
不動産投資といえば、簡単には不動産を購入して、アパートの経営、その稼働率で不労収入を得るという形ですが、ここで一番問題になる点がそのアパートの保守や、運営、PR方法ということが最大の悩みです。
アパートを建てる、そして賃貸に出すというところまでは比較的簡単だと思いますが、意外に困る内容が、入居者とのトラブルや、その補修が問題になります。
不動産を取得するにあたっても結局そのアパートの所有者はオーナー自身です。
つまり、固定資産税などはオーナーが払う必要があります。
入居者は資産を持っていないということですね。
この為、オーナーは入居者の月あたりの賃貸料と、その保守料、修繕費などの積立てをすべて勘案して賃貸料の設定をしなければなりません。
しかしそのノウハウや、近隣のアパートの入居稼働率、平均相場など知識がなければうまく設定できず、最悪の場合稼働率0なんてことにもなりかねません。
そこでおすすめしたいのは不動産会社への委託運営です。
不動産会社はオーナーとの委託を受けることで入居者への紹介、家賃交渉、修繕対策、修繕業者の選定などそのほとんどを代行してくれます。
もちろんマージンは発生しますが、それを行うことでオーナーはほとんどのリスクを回避できると言っても過言ではないでしょう。
例えば入居者が乱暴な人でアパートの壁に穴をいくつか空けてしまった場合などでは、その退去の勧告なども委託を受けた業者さんが入居者さんへ伝えに行きます。
こうすることでオーナーは労せずトラブル回避できます。
そして退去してもらった後はその修繕、クリーニングも委託を受けた不動産屋が手配してくれ完了となります。
不動産の有効活用としてアパート経営は非常に運用の利回りもいいものですが、それなりのリスクもかかってくるものです。
しかし、こうした知識豊富な不動産業者を仲介することでそのリスクを最大限回避しながら、オーナーにとっても利益のある活用ができます。
現在日本では空き家の多さが非常に問題になっています。
空き家になると人がすまないので家が痛む一方ですし、仮に放火などあってしまえば消火する術もなく、発見が遅く近隣住民へも被害など発生すれば放置するだけデメリットになってしまいます。
こうしたリスクを回避するという面だけで見ても不動産の有効活用することで無駄な心配をしなくても済むようになります。
もし不動産をお持ちで、誰も住んでいない家などあればぜひ不動産経営を検討してみてはどうでしょうか?

Comments are closed.