不動産屋選びと部屋探しについて

突然の一人暮らしで賃貸を探すときに、いい部屋を紹介して貰うにはどういった業者を利用すればいいか気になる方も多いと思います。
大まかに、業者から賃貸を借りる際知っていた方がいいことをまとめます。
まずは、管理業者と不動産屋の違いに関してですが、管理業者とは大家さんから委託され、物件の紹介と管理を行っている業者です。
この場合の仲介手数料は、大家さんと直接交渉しない限り管理業者に支払います。
礼金が不動産屋より安い場合があり、大家さんとの関係も近いので賃貸を借りる際の家賃交渉などもしやすいです。
しかし、賃貸更新のときや部屋に関して何かある場合は自分で大家さんに交渉しないといけません。
そのため、トラブル時の対応が不動産屋よりも大変です。
不動産屋は大家さんや管理業者から依頼をされた賃貸物件を扱っており、入居者の紹介をしています。
一つの管理業者ではなく、多くの管理業者の情報を扱っています。
不動産屋の収入源は賃貸を紹介したときに発生する「仲介手数料」で、入居する際の初期費用が管理業者よりも高い場合があります。
仲介業者と管理業者両方を行っている不動産屋もあるのでそちらだと、双方のメリットを持ち合わせることができます。
「仲介手数料」についてですが、これは不動産屋の利益の一つとしてあります。
賃貸を借りるための部屋探しや手続きを仲介するので、紹介していただいた業者に手数料を払う仕組みになっています。
最近では、仲介手数料半額や無料になっている不動産屋があります。
一見借りる人にお得で、不動産屋が損しているように見えますがほとんどはそうではありません。
仲介手数料無料や半額の裏には物件の「広告料」や「礼金」が関係する場合が多いのです。
大家が払っている「広告料」や大家が貰うべき「礼金」を不動産屋が貰うことで、仲介手数料を減らしているということです。
特に広告料付き物件の場合、「仲介手数料」を取らない代わりに「広告料」を収益にしてしまうので、不動産屋は広告料が付かない物件を紹介しづらくなります。
そうなりますと、部屋探しの選択の幅を狭めてしまうことに繋がります。
また、広告料が付いた物件は何か月も売れずに残ってしまった物件がほとんどです。
いい部屋探しを行う為にも、仲介手数料無料や半額の不動産屋はどこで利益を取っているか見極め、初期費用がかかっても仲介手数料等は払うことを視野に入れましょう。
他にも、よい不動産屋はメリットとデメリット両方紹介してくれます。
部屋探しには業者との関係性も大切で、依頼は知りたいことをきちんと調べてくれる業者にするようにします。
そうすれば、入居後の生活を快適に過ごすことができます。
限られた情報だけでは満足する部屋を見つけられません。
何軒か不動産屋をまわり、住みやすい部屋探しを行ってください。

Comments are closed.