不動産開業にはどのくらいの自己資金が必要なの?

不動産運営で重要なのは、資格もそうですが、資金を確保する事でしょう。
やはり土地の売買を行うわけですから、最低限の費用は必要になってきますが、それだけでなく届け出などにもお金が必要となってきます。
そこで今回は、不動産開業にはどのくらいの自己資金が必要なのかを考えていきたいと思います。
まずすべて個人で行った場合は、定款認証や株式会社設立登記等で25万ほど必要になります。
また、免許申請に33000円必要です。
そして、1営業所の場合供託金が1000万円かかりますが、保証協会に入れば、60万円で済むのですが初年度費用にはその倍以上かかるといわれています。
業者に任せる場合はこれに、設立届や社会保険の加入手続きも必要ですから、その代行費用も考慮する必要があります。
また、自宅がないならば事務所を借りる必要がありますが、適当なものを選ぶことはできません。
人通りが少なければお客は来ませんし、見栄えが悪ければ信用問題につながるからです。
仮に家賃が10万円とすれば敷金と礼金を合わせれば50万でしょう。
勿論いきなりお客さんが来ることはありませんから、軌道に乗る半年分の予算は作っておきたいもので、100万は確保しておきたいです。
また、立地以上に内装は重要な要素で、お金を掛ける必要があります。
地域密着を目指すならば、その際に気の合う人を探すために足で探しておきたいものです。
そうすれば若干安くしてもらうことが期待できるでしょう。
とはいえ最低100万円は必要な所です。
そのうえで、コピー機やパソコンやインターネットが重要で、レンタルという手段もありますが、その場合でも最新式のものに変えられるようにしておくといいでしょう。
そしてお店を作ったら宣伝が必要です。
サイトを作るという手段もいいですし、物件情報サービスを活用するのも大切です。
サイトは個人で作るならお金はかかりませんが、業者にお任せすれば数十万かかり、情報サービスは月10万円程度の投資が必要でしょう。
また人を雇うならば、ひと月20万円の出費は必要です。
この様に、全体を考えてみると自力で行う場合は、400万(届け出内装)+200万(広告費+人件費)+予備費用200万円で最低限1000万円は必要です。
しかしいきなりこれだけのお金を集めるのは困難です。
ですから300万程度を自己資金で、残りは銀行から融資を受けているのが一般的です。
とはいえ、自己資金に余裕があるなら、なるべく余裕をもった経営がしたいものですね。

Comments are closed.